看護師の転職を成功させる履歴書の書き方

看護師の転職を成功させる履歴書の書き方

看護師は、比較的転職をしやすく、実際に転職をする人も多いといわれている職業です。 背景にはその勤務の苛酷さから、退職をする人が多いこと、また女性が多い職業であるという特性上、結婚や出産を機に退職する人が多いためと言われています。

慢性的に人材が不足しがちなため、転職をしやすいために、ますます転職に拍車をかけている状態とも言えるでしょう。

転職がしやすいということは、一方で転職活動の競争も激しいと言えます。 待遇や労働環境がいい職場であれば、一層競争は激しいでしょう。 そのような中、転職を成功させるには、転職活動の最初のステップである履歴書をきとんと書かなければなりません。

採用を担当している人は、これまで何百通、何千通を履歴書を見てきたプロです。 履歴書の内容はもちろんのこと、履歴書の出し方やマナーなど事細かにチェックされている可能性があります。

ましてや、一度に何十通も応募があるような人気の職場であれば、ある程度履歴書や応募書類でふるいにかけざるをえません。 履歴書の書き方によっては、転職活動のスタートラインにも立てない可能性があるのです。

転職を成功させる履歴書の書き方は、履歴書を選ぶときからはじまっています。 なんとなく用意した履歴書に記入していませんか?

履歴書は項目などがそれぞれ違い、つくりによっては自身のアピールしたい内容を書く欄がなかったり、逆に書くことに困るような欄があることもあります。 購入する際には中身に目を通して、自己PRできる欄があるか、不必要な欄はないかをチェックしましょう。

基本的には履歴書の自身のこと、長所、短所などを書く欄は、空白ではいけません。 志望動機などは中身を重視し、自身の言葉で書くよう心がけ、例文などのような当たり障りのなさバレてしまうようなことは避けましょう。

丁寧に書くことはもちろん、誤字、脱字は言語道断です。 封筒にも気を使い、汚れていないかを確認しましょう。 配達や持参時の折れ曲がり、雨などの天候状況を考慮して、履歴書をクリアファイルに入れてから封筒にいれるのもおすすめです。