小児病棟・NICU・PICUで勤務する看護師

小児病棟・NICU・PICUで勤務する看護師

小児科という診療科目は、どうしてあるのでしょうか? それは人間が15歳を基準にして身体のつくりが変わってしまうからです。 同じ病気であっても15歳以下とそれ以上では治療法が違います。

そのために小児に特化した技術や知識を集中させて小児科ができたのです。 0歳から15歳までの患者を診療科目の枠を越えて区別なく看護するのが小児科看護師の役割になります。 小児科看護師が配属されるのは病棟と外来だけではなく特殊な環境で仕事をする場合もあります。

1番目は小児科病棟で小児患者が入院している病棟です。 さまざまな患者が入院しており、発達障害などの先天性疾患・アレルギーなどの慢性疾患・小児がんなどの重篤な疾患・骨折などの急性疾患があります。

大規模な総合病院では先天性疾患患者や重度の慢性疾患患者が多いです。 民間の一般病院で急性疾患患者が中心になります。 小児科看護師は小児患者の症状に応じ心のケアや身体のケアを担当します。

具体的には患者様本人と保護者のメンタルケア・急変した場合の対応・発育状態の確認・医師の診察サポートです。 最近の傾向として小児科医師が不足しているので看護師が担当する仕事の範囲は拡大気味です。 一般的に食事介助やおむつ交換は病棟看護師の業務ですが小児病棟の場合は母親が行うことが多いです。

2番目はNICUと呼ばれる<新生児特定集中治療室>で未熟児・先天性疾患患者やすぐに手術しなければならない新生児の集中治療と管理をする治療室です。

仕事は新生児の体調管理で具体的には輸血・注射などの医療ケア・酸素投与や別の病院への搬送業務などの急変時対応・保護者のメンタルケアになります。

わずかな酸素濃度や温度の変化でも保育器内でなければ生きられない新生児にとって命に関わります。 小児病棟以上に急変が起きる確率は高いです。 注意と気配りをして万全の状態をキープしなければなりません。

3番目はGCUと呼ばれる継続保育室・回復治療室ですがNICUほど集中治療や集中管理の必要がない新生児のケアをおこなうセクションです。 新生児の体調管理・沐浴指導や授乳指導などの退院指導・保護者のメンタルケアがGCU担当の看護師の仕事です。

中には後遺症が残る赤ちゃんもいますが大抵は回復の見込みがたった新生児です。 後遺症のフォロー・新生児への成長指導……保護者への働きかけは看護師の大切な業務です。 医療行為そのものよりも保護者に対する指導の比率が多いです。